2018年7月14日 (土)

Run Cam Sparrow

セールで安かったのでRun Cam Sparrow(CMOS 2.1mm)を購入

Img_1795

約2400円は安い!

SwiftとSparrowの比較

Img_1797

取付幅や高さは同じです。

厚みが違う

Img_1799

Sparrowの方が薄い

コネクタは同じです。

Img_1800

JSTのSH?3pin&2pin

重さ

Img_1804

5.1gと軽量です。(Swiftは6.5g)

映像も値段の割に綺麗です。
少しでも軽くするためにRX 155 Raijuへ搭載する予定です。

2018年7月 5日 (木)

ジュラシックワールド

天気が悪くドローンを飛ばせないので、ジュラシックワールド買ってみた。

847

あのテーマ曲が流れてくるだけでも「おぉー!」ってなる。

恐竜はロックされています。

850

ミッションをクリアすると解除されます。

とりあえずダチョウっぽい草食恐竜を孵化させてみた。

852

恐竜の孵化に失敗することも。

次はケラトサウルス

853

小型の草食恐竜と肉食恐竜を同じ檻に入れると・・・。

食われるw

854

孵化させ放した途端にパクッ!

簡単に食われない様にトリケラトプスを投入

855

格闘も虚しく食われたw
草食と肉食は檻を別にした方がいいですね。

目的はジュラシックワールドの経営ですが。。。。正直、イマイチ面白くないですw
経営シミュレーションゲームとしては中途半端な感じです。

2018年7月 1日 (日)

鞭で使うパラコードを一本化

鞭を編む際、二色のパラコードを一本として扱う場合があります。

Img_1772

色のアクセントだったり、長さが足りない場合など(主に前者が多い)

①青を橙の末端より数センチ手前から出口へ向かって中を通します。

Img_1773

自分は2㎝程度の距離から通す様にしています。末端が解ける場合があるので。

②反対側も同じ様に

Img_1774

末端の2㎝手前から中を通す。

③両端を引っ張ると完成です。

Img_1775

最も簡単なのは結んでしまうことですが、結ぶとコブが出来るので自分はニードルを使ってます。

※ニードルがない場合は針金やゼムクリップでも代用可能です。

2018年6月28日 (木)

鞭の材料一部変更

鞭を再び編んでみました。
コアとして使っていた4㎜スチールベアリングを6㎜の鉛玉へ変更しました。

Img_1908

スチールより鉛の方が重いので鞭を振った時のエネルギーが全然違う!パラコードはBangGoodで購入した中華パラコードで寸法は4㎜ですが編みが緩く6㎜の鉛玉がギリ通ります。

外表は赤と橙のパラコードで編み上げました。
河川敷で練習すると。。。鞭が重く振るのが大変ですw日頃の運動不足もあって筋肉痛になるしセルフ鞭打ちするとメチャメチャ痛い。ミミズ腫れになるくらい。

Img_1949

あと、速攻で汚れる。
汚れるのは仕方ないと半分諦めていますが、対応策としてパラフィンワックス(蝋?)でコーティングすると汚れにくくなり鞭の耐久性も全然違うらしいです。革製品で使う蝋引き紐のイメージです。
鞭全体を漬け込むので大量のパラフィンワックスと、それを溶かして一定の温度を保てるヒーター付きの大きな容器が必要になります。

・・・。

コーティングは無理!諦めますw


                     

2018年6月19日 (火)

3Dプリンターテスト印刷(PLA)

3Dプリンターのテスト印刷です。
材料はPLA1.75㎜
スライサーはCura 3.3.1

外形φ40㎜内径φ35㎜厚さ1㎜
□20㎜×高さ10㎜(インフィル20%)

Img_1974

想像よりも綺麗に出来ました。印刷温度200℃・ヒートベットOFF・印刷速度50㎜/Sです。

上のテストピースと同じ条件で外径φ200㎜の円を印刷したら・・・。

Img_1998

上手く定着せずにボロボロになった。
自動水平に失敗していると思い外周数か所でヘッドを手動で下げてコピー用紙を挟んで隙間確認しましたが問題なしでした。

外径φ220㎜でチャレンジします。
ヒートベットを60℃に変更し・・・?62℃だった!
印刷温度200℃のままで印刷速度を15㎜/Sへ落とし再度印刷してみた。

Img_2013

因みに、温度計は意外と正確みたいです。

Img_1972_2

中央と端の温度の差は、それほどありませんでした。

無事、完成

Img_2029

ゆっくり印刷しているので仕上がりも綺麗です。

表面拡大

Img_2030

ただ、時間が掛かりすぎw

ある一定の大きさを印刷するとPLAとベットが定着せずボロボロになるので、どの程度の大きさで失敗するか確認してみた。

条件
印刷速度50㎜/S(初期レイヤー速度25㎜/S)固定
ヘッドヒーター温度200℃固定
ヒートベット温度60℃固定

Img_2015_2

結果は外径200㎜以上だと初期レイヤーが定着せず。(写真参照)
対応策は印刷速度(初期レイヤー速度)を落とすしかない。

他のテスト印刷ではφ10㎜×250㎜外壁0.4㎜の円筒を印刷します。
(Kossel Plusの印刷高さは300㎜まで可)

Img_2016

スカート以外にサポートなしで印刷します。

一応、250㎜まで印刷できました。

Img_2017

上方になると不安定になるのでプリンターヘッドの位置決め精度が求められます。

235㎜辺りから揺れて外形ガサガサになりました。

Img_2020

本来ならサポートも一緒に印刷して揺れを防ぐのが普通ですがテスト印刷なので。。。

低位置の外形φ10㎜

Img_2023

中位置の外形を計測φ10㎜

Img_2024

高位置の外形を計測φ10.4㎜ or φ9.9

Img_2025

楕円になっていました。

3万円程度の3Dプリンターですが、かなり精度いいと思います。印刷範囲230㎜も駆動ベルト付近は厳しいけど加工できます。

初めて買った3Dプリンターで不安でしたが仕上がりには十分満足しています。組立も難しくないので初めての3Dプリンターとしてお勧めです。駆動音も想像していたよりもうるさくない。流石に深夜には動かせないけどw


                   

2018年6月14日 (木)

3Dプリンター組立

3Dプリンター組立です。
組み立ては付属工具で可能ですが、あまり精度が良くないので自前の工具を用意。

Img_1962

取説の指示通りに組み付けるだけの簡単な作業で、ネジとナットも種類ごとにナンバリングされて梱包されています。一応、ネジとナットは予備が数セット入っています。
流石に3セット余った時には困惑したw

フレームの組み付け完了

Img_1964

柱3本を一気に挿入するのではなく均等に徐々に挿入すると簡単です。
プラハンや木槌があると更に便利です。自分は手のひらで叩きましたw

リミットスイッチ

Img_1965

以前にも書いたけど、リミットスイッチを留めているネジをナメた。。。
締まらないし緩まない。。。完全に積んだorz

ナメた時には。。。ネジザウルス!
縦溝の入ったプライヤーです。先端が少し開いてるのも特徴

Img_1993

某YouTuberの紹介動画で興味あったんですが、なかなかネジを潰す機会がなくてw
慌ててホームセンターへ買いに行きました。結果、簡単に外せました!

こいつは使える!


                 

そんなこんなで配線も結線して完成

Img_1966

英語の取説読みながら配線まで行って2時間でした。
取説を読んでる時間の方が長かったかもw
配線はネジで固定するかコネクタープラグインだったのでドローンの組立より簡単でした。
※ヒーター0の配線が両方とも赤でした。多分、極性は関係ない様です。

操作はロータリースイッチを回して項目を選択し押して決定

Img_1968

このパネルはネジを締めても固定されないので。
ワッシャをプリントアウトして対応しました。

設置

Img_1969

やっぱり大きい。。。電源ユニット邪魔だしw
印刷範囲はφ230?×高さ300です。

実際に印刷したらφ230は厳しい。ロッド及び配線が駆動ベルトと干渉する。

次回はテスト印刷編

                     

2018年6月12日 (火)

3Dプリンター購入

3Dプリンターを購入しました。
ANYCUBICのKossel Plusデルタ型の自作キットです。
(ヒートベット・オートレベル付き)

Img_1952

自作と言ってもほぼ完成品です。
検品しつつ最終組立工程をする感じでしょうか。

取説は英語ですが写真があるので、それほど問題なかった。
それでも英語が苦手な方はメーカーに日本語の説明書もあります。
(自分は完成後に日本語取説の存在を知ったorz)

http://www.anycubic3d.com/index.html

Img_1953

組立編でも説明しますが、写真右側に記載されているM2.5X12のネジは六角穴です。六角穴がインチ仕様なのか精度が悪いのか分からないけど数本ナメました。取り付ける際は事前にタップでネジを切っておくのが無難です。

付属品

Img_1954

スクレーパー・尺金・使い捨てゴム手袋・電源コード
電源コードはUSプラグなので、日本国内でそのまま使えます。ゴム手袋はガイドレールにグリスが塗布されているので持つ際に使用?使わなかったけどw

部品と付属工具

Img_1955

部品は駆動ベルト・ネジ類とリミットスイッチ(配線付き)・オートレベルセンサー
付属工具はニッパー・六角レンチ3種・ピンセット・-ドライバ(小)

天井となる部品です。

Img_1956

ネジで固定されていてベルトローラーも取り付けてあります。

何かキラキラしたものが!

Img_1957

アルミの切粉がそのままですwこれくらい無問題!
保護シールを剥がす際は掃除機で吸いながら剥がして、フレームの奥に張り付いた切粉はティッシュペーパーで拭き取りました。

ヒートベットとプラットフォームシール

Img_1958

ヒートベットはヒーターと断熱材が取り付けてあるけど断熱材はテープ?で留めてあるだけです。プラットフォームシールはPLAで200℃初期レイヤー速度20㎜/sヒートベットOFFでも剥がれ難いです。むしろ毎回剥がす作業が大変w

底部となる部品

Img_1959

モーターとマザーボードが取り付けてあります。

エクストルーダー

Img_1960

配線を差し込みフレームに取り付けるだけです。

プリンターヘッド

Img_1961

ロッド・ヒーター・ファン全て取り付けてある。

正直、海外の通販サイトで購入した方が安いです。($185程度)
しかし、トラブルが発生する場合が多々ある様なのでAmazonで購入した方がいいと思います。実際、自分もKossel Plusを購入する前に、とある他のメーカーの完成済み3Dプリンターを購入しましたが本体が破損してました。。。2週間経過しても交換してもらえず結局マーケットプレイス保証で全額返金してもらいました。
返金手続き完了2日後に何故か交換商品が届いた。。。今更?
Amazonからは「万が一荷物が届いても受け取り拒否してください」と言われていたので拒否しました。

次回は組立編

                      

2018年6月 6日 (水)

アンテナ交換

アンテナ交換

Img_1895

意外と大きい。

Img_1897

手でキュッと締めたら

Img_1948

取れた!
瞬間接着剤で直しましたw

2018年5月29日 (火)

LIPOバッテリー充電器 ISDT D2

充電器ISDT D2を購入しました。

Img_1901

付属のコードは2ピンソケットです。コンセントが海外仕様なので別途Amazonなどでコードか変換アダプタを購入した方がいいと思います。
変換用のアダプタも同梱されていましたが完全にゴミです。
コンセントへ差し込むと緩くて刺さらない。(最悪の場合スパークする)


今まではG6 AC Platinumを使っていました。

                    

G6 AC Platinumで4S 5000mahのバッテリーを充電すると4Sの場合3.2A/h(0.6C)での出力でしか充電できません。

ISDT D2は出力が2CHあるので便利です。

Img_1902

勘違いしてたのが12A×2CH(24A)だと思っていたら12A÷2CHだったこと。。。スペック表記がCharge Current: 0.1-12.0A*2 となっていたのでw
12Aの範囲内であれば配分は自由に調整できます。片方のCHへ12A全てを通電させることも可能。

日本語での表示も可能です。

Img_1903

日本語表示であれば誤操作を防げます。

便利な機能?

Img_1904

バランスケーブルを繋ぐと勝手に3Sや4S等を識別してくれる。
バッテリーの種類識別は流石に無理!

4S 5000mah 2本をG6 AC Platinumで充電すると3時間ほど掛かります。ISDT D2で充電すると40分程度で完了します。

ISDT D2の欠点はファンが回りだすと五月蠅いです。ドライヤーの弱~中程度の騒音です。(温度によってファンの回転数が変化します。)
ディスチャージ(放電)の場合は問答無用でファンが全開で回ります。放電能力は-0.3A/h程度しか放電しないので、あまり期待しない方がいいです。

充電時間を短縮できたので大変満足しています。

2018年5月22日 (火)

EKEN H8R

MOSQUITO用に中華アクションカメラを購入しました。

Img_1879

EKENのH8Rです。

付属品

Img_1890

正直、付属品不要です。
EKEN H9購入した際も、そんなこと書いてた。
http://i-kaz.air-nifty.com/k/2017/09/post-1a39.html

EKEN H9とEKEN H8Rの外観比較

Img_1881

レンズの周囲が高くなったのでレンズに傷が入りにくくなった。

上から

Img_1882

本体の厚みもスリムになってます。
(本体の厚み21.8mmレンズまで含めた場合31mm)

接続口やmicroSD挿入口

Img_1883

位置が少し変わっただけです。

重さ

Img_1893

ジャスト70gでした。EKEN H9が65.78gだったので少し重くなっています。

MOSQUITOの2軸ジンバルへ搭載してみた。

Img_1891

Img_1892

カメラ本体の厚みが少し薄くなってくれたので固定も簡単になりました。

アクションカメラをドローンに搭載すると、基本的には専用のケースは使えません。本体剥き出しのままで飛行します。固定方法もナイロンバンドのマジックテープて固定するだけです。レース用ドローン等で激しく墜落するとカメラが故障することもあります。実際、EKEN H9は墜落の衝撃でレンズに傷が入ってるし液晶画面の一部が壊れています。そして最も困るのが、LOST(紛失)です。固定方法が簡素なので墜落の衝撃でカメラだけスッ飛んでいくこともw

次はEKEN H6sを買ってみるか。



                    

«MOSQUITO Y400 テスト飛行