« 煙草PALL MALL | トップページ | 保険屋の対応その2 »

2005年8月13日 (土)

如何わしい病院!その2

事故当日救急で運ばれた病院はかなり怪しく遠方なので地元の●●市民病院に通院したんですが、この●●市民病院も如何わしいです。「なぜ?」ってこの病院の形成外科に曲がった鼻を診てもらったら・・・。またもや「問題ないです!チョット曲がってますが、まあ良くある事です!」・・・・?(゜Д゜) ハア?? って元の位置に戻すのがお前の仕事やんけー!って思いながらも「元の位置に戻してもらえないんですか?」と尋ねたら「元に戻さなくても大丈夫!命に係わらないですから!」・・・・・なに抜かしとんのじゃ!相手にもしてくれなかったです。

第一ラウンドの形成外科が終わり第二ラウンド整形外科

「顔面と胸と尾骶骨を強打してるみたいで痛いんです。」「じゃあ、顔は形成で問題なしと!胸とのレントゲン撮影しましょう!」そして撮影が終了し診察しつに入ると「特に骨には異常ないですね!一応、湿布薬を出しますから院内薬局で貰って下さい。」取りあえず折れてなくて良かった♪でも、スーパー痛いのはなぜ?と思いながら退散!そしてよくよく考えてみると尾骶骨が痛いって言ったのに腰の骨のレントゲンを撮られてた!

そして第三ラウンド脳神経

救急で運ばれた先でCTも使わずに追い払われた事を伝えると「じゃあ、CTで断層写真を撮りましょう!」内心は今頃撮っても遅かバイ!と想いながら撮影開始!久しぶりのCT!ってことで(*^o^*)ドキドキ(*゜O゜*)バクバク 結果として脳には異常なかったです。

●●市民病院に朝から来て終わったのは15時頃で16時から歯科の予約があり急いで歯科医院に向いました!歯根の治療があって被せてたセメントを削った瞬間!鼻に激痛が走りました!歯医者に事情を説明した所今回の治療は取止め!2週間後来て下さい言われました。夜になって鼻を両手で持ちセンターの位置に戻しました。夜中は激痛との闘いで結局寝れませんでした。そして一週間が過ぎ鼻の方は、だいぶ動かなくなって胸と尾骶骨は相変わらず痛い!

ある方からチョット遠いけど病院を紹介してもらいました。その病院の院長が診察しレントゲン等撮影すると鼻は脱臼!頚椎捻挫!胸と尾骶骨は本来動かない関節が事故の衝撃で多少動いて炎症を起こしているのだろうと言ってました。以前に通った病院の診断が適当だ!とその院長が怒ってました。

これほどの頚椎捻挫で固定器具も痛み止めと抗生剤を出さないのは異常で曲がった鼻の写真を見せて自力でセンターに戻した事に院長・看護士が驚いてました!三軒目にして首の固定器具と胸を締め付けるバンドと痛み止めと抗生剤と胃薬を貰って帰りました。

最後に一言●●市民病院の先生!しっかりしてくれよ!ちゃんと仕事しろ!

« 煙草PALL MALL | トップページ | 保険屋の対応その2 »