« 作ってみた。其の三十一(完成) | トップページ | しばらく »

2011年3月 8日 (火)

技法について

以前、コメントに技法について質問があったので書いてみました。
結論から言ってしまうと、「全ての要素を含んでいる」と言った感じです。
詳細は下記参照してください。

Evaluation_meeting_2

自分が最近ハマっているカラーペーパーアートですが、正確に言うと本来のカラーペーパーアートとは違うと思います。まずは色々な技法の紹介をします。

1.切り絵
切り絵(きりえ)は、白黒に染め分けた下絵を黒い紙に固定し、不要な部分を切り抜いて絵を作り上げていく絵画の手法のひとつ。一般的な認知度の高い手法ではないが、白と黒のコントラストの妙や、刃物の切り口による独特の造形が味わい深く、愛好家が多い。

2.ペーパークラフト
ペーパークラフトとは、紙を素材としてつくる模型で、「カードモデル」とも呼ばれる。ただし、折り紙と区別するために、一枚の紙からさまざまな大きさ、色、形の部品を切り出して組み立てるものと定義することもある。印刷された平面の紙を加工し、作り上げる。

3.シャドーボックス
シャドーボックスとは、プリントを遠近法の原理に従ってカッティングしシリコン樹脂を使って立体的に積み重ねることによって二次元であるプリントを三次元に見せる立体デコパージュの事。

これらの技法の良い部分をチョイスしてるのが、この技法だと考えています。そして技法を文章にすると「下絵を色画用紙に固定し切り抜き、曲げたり組み合わせ、部品を立体的に積み重ねて作り上げていく絵画」と言った感じでしょうか?

自分が尊敬しこの技法の先駆者である、くずっPa氏も「シャドーボックスっぽいも」のとしています。恐らく様々な要素が絡んでいるので最後に「っぽいもの」が入っているんだと自分は解釈しています。


「作るのが難しそう」と思っている方へ

自分は年末から始めて現在2ヶ月弱です。過去、切り絵やペーパークラフト等の経験は一切ありませんでした。しかも絵を描くのが凄く苦手で年賀状に手書きのウサギを描いたら誤って魔獣を召喚してしまうくらい酷いレベルですwww

自分の様な才能の無い人間でも作れるので多分、大丈夫なハズです。
(責任は負えませんがw)

難しい部分もあるとは思います。しかし継続する事で技術向上し、良い物が作れる様になると自分は思っています。

是非、挑戦してみてください。

« 作ってみた。其の三十一(完成) | トップページ | しばらく »

コメント

なるほど(*゚ー゚)ホー!
ついつい頭で考えがちですが、
実践ですねっ
トトロとか作ったら娘喜ぶな~♪(*_*)☆\(-_-;)マズジカンツクレヨ

お子さんと一緒に工作されては?道具を使い手を動かす事は脳に良い影響を与えるそうですよ。

でも、自分は馬鹿だと言う件(爆)orz

先駆者ではないと思いますが、「っぽいもの」の推測は合ってますよ。

> くずっPa さん

コメントありがとうございます。
いつもブログ・動画を拝見しています。
これからも素晴らしい作品の公開を期待しております。

そして、勝手にお名前等を記した事をお許し下さい。

もし、不快・意に沿わないと思われましたら
削除・内容変更等いたしますので、ご連絡下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作ってみた。其の三十一(完成) | トップページ | しばらく »