« 4770KとZ87-PRO | トップページ | 今、注目しているアーティスト »

2013年12月 1日 (日)

サウンドカード投入 Creative PCIe Sound Blaster Z

サウンドカード投入するのは今回が初めてです。BOSEのスピーカーとオンボードサウンドの組み合わせで満足していましたが、サウンドカードを追加したらもっと良い音になるのか興味があったので追加しました。

Img_2590

約1万円の予算で、レビューの評判が良い事を条件としてCreative PCIe Sound Blaster Zを選定しました。

Img_2591

内容物は本体、マイク、ドライバCD、取説です。

Img_2593

大きさは丁度CDと同じくらいのサイズです。

Img_2595

PCI Express x1へ差し込み電源ON!

Img_2598

評判通り赤色LEDは眩しいですw
Creative PCIe Sound Blaster Zのレビューには定型文があります。

それは、アカは3倍(ry

コントロールパネルで様々な設定が出来ます。

316

設定を自分好みにして早速リスニングです。

結果から言うと、確実に音質は向上しました。
しかし「おぉ!なんじゃこりゃ!」と驚くほどは向上してないです。
「あぁ、良くなってる」的な感じですw

BOSE Companion2 IIIへ交換した時のような驚きはありませんでした。

現状、安価なスピーカーやモニター搭載スピーカーを使用していて1万円程度の予算で音質向上検討していているのならば確実にBOSE Companion2 IIIへの買い替えをお勧めします。対費用効果が全然違います。

ただし、オンボードのノイズを消すのが目的ならばサウンドカードをお勧めします。
いまどき、リスニングポジションで酷いノイズを拾うマザーボードも無いと思いますが・・・。

評価★★☆☆☆

比較的レビューで好印象なサウンドカードですが、自分は対費用効果は然程良くないと感じました。絶賛する程ではないと思うし、1万円のスピーカーと1万円のサウンドカードの組み合わせよりも、2万円のスピーカーを買った方が幸せになれる気がします。

正に「百聞は一見に如かず」的なw

誰かのレビューに「一枚フィルターを外した感じになる」と言った感想が書かれていました。この表現が最も的確です。

                                    

« 4770KとZ87-PRO | トップページ | 今、注目しているアーティスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4770KとZ87-PRO | トップページ | 今、注目しているアーティスト »