« SilverStone SST-ST85F-P 異音対策 | トップページ | 塞ぎます »

2014年2月11日 (火)

グリス塗布

目的
グリスを純正からArctic Silver 5へ再塗布しCPUの温度変化を検証する。

条件
室温  18℃
メッシュ蓋のフレームを切断
上記以外は前回と同じ


ヘッドを外します。

Img_2707

四隅ネジ止め(手回し)なので簡単に外れます。

ヘッドを外しました。

Img_2708

この純正グリスは綺麗に拭き取ります。

Arctic Silver 5を塗布します。

Img_2710

グリスを塗布したらヘッドを組み付けて完成です。


結果

Arctic Silver 5塗布
2014021106h35temperaturecpu
Arctic Silver 5塗布した際のCPU温度は約73℃

前回の検証時よりも室温が2℃ほど低いにも係らず塗布前よりも4℃温度が上がってしまった。一応、取説に200時間ほどの慣らし運転が必要と書いてあるので様子をみる。
もしかしたら4~5年ほど前に購入したグリスなので劣化している可能性がある。

今後の方針
慣らし運転後再検証し良好な結果が得られなければ新たにArctic Silver 5を購入し再々塗布し検証する。再塗布するのにCPUからヘッドを外したとき、一部接触していない部分があったので少し厚めにグリスを塗布する。可能であればヘッドの平面精度を確認する。
※慣らし運転後再検証のデータを追加添付する。

14/02/15

-追記-
室温 20℃

2014021500h15temperaturecpu
CPUの温度が下がる気配がない。
やはり、グリスが劣化しているのか。

14/02/21

-追記-
室温 20℃

2014022121h31temperaturecpu

新しく購入したAS-05を塗布直後のデータ
やはり、以前使用したグリスが劣化(銀が酸化?)していた。

« SilverStone SST-ST85F-P 異音対策 | トップページ | 塞ぎます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SilverStone SST-ST85F-P 異音対策 | トップページ | 塞ぎます »