« 蓋のフレーム切断 | トップページ | グリス塗布 »

2014年2月10日 (月)

SilverStone SST-ST85F-P 異音対策

Silver StoneのSST-ST85F-Pから微かな異音が発生しているので分解してみました。
このメーカーの電源は異音が結構あるみたいでグーグル先生で検索すると、似たような異音が発生しているみたいです。(ちちちちちち・・・・・ってファンの微かな異音)

メーカー修理に出すと1週間から2週間くらいの日数が掛かるみたいなので却下
それに箱があるのに保証書とレシートが行方不明だしorz

自力で異音対策します。

Img_2668

PCから電源を外します。

ファンガードのネジ×4と同面の止めネジ×4を外します。

Img_2669

うわっ・・・・。埃がすごいw
購入から約5年?殆ど掃除してなかったしw

異音が出ているファンを分解しました。

Img_2682

軸のベアリングからの異音かと思っていたのですが実は違います。

永久磁石とコイルと基盤を一体化したユニットの固定方法に問題が!

Img_2683

なんと、一箇所だけ接着剤で留めているお粗末な仕様ですw
基盤の軸穴に付いている黄色いデロッっとなっているのが接着剤(少量)

異音の原因は、ユニットの固定が甘く磁石の反作用に耐えられなくて振動し異音が発生しているみたいです。対処方法は軸とユニットをホットボンド等で、しっかり固定すると異音が収まります。

電源ユニットの内部に溜まっていた埃を取り除いて分解と逆の手順で組みます。

Img_2684

やっと、気になっていた異音から開放されました。

この電源は13.5cmのファン2pin(独自企画?)を使っているのでファンの交換は無理だと思います。仕方なく市販の14cmファン4pin仕様へ改造している方も居るみたいです。

最も注意しなくてはならないの感電です。コードを抜いても電源のコンデンサに電気が溜まっているので感電することがあります。あと、分解するとメーカー保証が一切受けれなくなるので、作業は自己責任でお願いします。

« 蓋のフレーム切断 | トップページ | グリス塗布 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蓋のフレーム切断 | トップページ | グリス塗布 »