無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RevolverMaps Mini

« SSD→SSDへ交換 (Crucial MX200 500GB) | トップページ | レザーウォレット(サドル) »

2016年3月16日 (水)

メタルフィルター(F-103K)

珈琲を淹れる際、ハリオのサイフォンを使用しています。

標準付属のネルは使い回しが可能ですが管理が面倒なので同社のペーパーフィルターをを使っています。ペーパーフィルターも100枚/約500円程度なのでコスト面では満足できていますが、毎回注文するのが面倒w

ってことでメタルフィルターF-103Kを注文してみました。

Img_0483

右がメタルフィルター左がペーパーフィルターです。標準付属のネルは捨てましたw

実際に珈琲を淹れてみました。

Img_0485

ペーパーと違い下ボール部に粉が落ちています。
少し時間を空け粉を落ち着かせてからカップへ移した方が良いです。

飲んでみた。

Img_0486

やっぱりザラザラした感じが気になります。多少、粉が入るのは仕方ないので諦めます。でも珈琲の油分がカップに入っているので同じ豆でもなんか違う?



2週間くらいメタルフィルターを使って気づいた点

1.抽出時間を長くする必要がある。
  (フィルターが荒いので早く落ちる。)

2.珈琲を.落としている時に竹べら等で珈琲を回転(攪拌)させない。
  (粉が中央に集まり最後は珈琲が落ちなくなる。)

3.珈琲が落ちたら時間を置く。
  (粉を沈殿させる。)

4.下ボールの珈琲を全部淹れない。
  (最後は粉っぽい。)


粉っぽさは慣れましたwと言うよりカップへ注ぐ前に粉をしっかり沈殿させれば問題ないです。(ペーパーフィルターと比べてはいけません)
最近は、メタルフィルターの使用回数の方が上回っています。
                                

« SSD→SSDへ交換 (Crucial MX200 500GB) | トップページ | レザーウォレット(サドル) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SSD→SSDへ交換 (Crucial MX200 500GB) | トップページ | レザーウォレット(サドル) »