« 包丁 | トップページ | Corsair Carbide 600C »

2016年12月19日 (月)

NAS((Network Attached Storage)

線LAN(WHR-1166DHP3)とNAS(LS210D0201C)を購入しました。

Img_0708

この無線LAN。。。後々買い替えることになるとは…。
この時点では思ってもいませんでした。

NAS本体

Img_0716

2TBを購入したけど4TBの方が良かったかもw
セットアップ自体は簡単でしたが、何故か転送速度が10MB/Sで頭打ちになりました。

色々調べてみたらWHR-1166DHP3(無線LAN)はスイッチングハブの規格が100BASEなので10MB/S頭打ちは仕方ないらしいです。。。

仕方ないじゃないよ!
別途ハブ単体を購入しようかと思ったんですが、面倒なので1000BASEのハブを搭載した無線LANを買います。

Img_0729

WSR-1166DHP2/Nにしました。
フラストレーションフリーパッケージなので外箱は普通の段ボールです。

中身

Img_0730

これを買っておけば・・・。(´;ω;`)

早速、設置しました。

Img_0732

転送速度は10MB/Sの壁を突破し約50MB/Sになりました。

あと11ac(5GHz)は電波が弱く別の部屋に移動すると圏外になることもあるので、余ったWHR-1166DHP3を中継器として使うことにしました。
結果は当然ですが良くなり家の何処へ行っても電波が悪くなることもなくなりました。
肝心なNASはデスクトップ、ノート、iPhone、ipad等の外部ストレージとして活躍しています。

先にも書いたけど、4TBにしとけばよかった。。。


         


-追記-
スリープタイマーの設定を考えた人は頭が良いのか悪いのか。。。

449

凡人には理解不能w
なぜ、こんな酷いクソ仕様にしたの?
もっと単純でいいよw

« 包丁 | トップページ | Corsair Carbide 600C »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 包丁 | トップページ | Corsair Carbide 600C »