« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

配線変更(一時しのぎ)

購入したバッテリーが斜めにしか搭載できないので、配線を変更します。

Img_0858

XT60のプラグが付いた配線を300円で購入

カメラの後ろにある配線穴からケーブルを引き出しました。

Img_0859

配線がカメラガードの天板とバッテリーに挟まれているのでもう少し加工します

カーボンの一部を切り取り配線を逃がしました。

Img_0862

配線へのダメージが少なくなります。

Img_0863

アンテナを設置しても問題ありません。

Img_0864

当分の間はこれで飛ばします。

カーボンをニッパーで切ろうとしたら・・・。

Img_0866

欠けたw
カーボンの強度・・・。恐るべし!

早速、部屋の中でテストフライトと称して飛ばしたら

Img_0870

プロペラ折れたw
教訓:レーシングドローンを狭い屋内で飛ばしたらアカンw

2017年2月25日 (土)

ESCが…。部品代2,858円なり(送料込み)

墜落時にプロペラがESCと接触して表面実装された積層チップコンデンサ?が2個外れたのと砕けたのが1個w
この状態でも通信可能だったので事前にESCの設定をキャプチャーしておきます。

Img_0832

みんなESCにテープ巻いてガードしている意味が分かりましたorz
表面実装の部品を剥がす勢いだとテーピングだけでは防げないと思う。

2週間後ESCが中国から届きました。

Img_0840

海外発送だと送料が高いから、まとめて他の部品と一緒に購入するのがお勧め!
今回は単品で購入orz

なるほど!わからん!

Img_0841

後に、BLHeliSuiteで表に従ってESCを設定します。

ARRISとの違いはシールが違う

Img_0846

たぶん中身は同じです。

使う道具は半田ごて・吸取り線・吸引器です。

Img_0850

自分は安い半田ごてセット買いました。付属の半田線はあまり質が悪かった。
別途、購入をお勧めします。

モーターを外しました。

Img_0851

次はESCをBECから剝がします。

Img_0852

後は信号線をフライトコントローラーから剥がせばOK牧場

Img_0854

もう勝ったも同然!

あとは新しいESCを取り付けて完成です。

Img_0855

後はBLHeliSuiteでESCを設定します。
BLHeliSuiteダウンロードはhttps://blhelisuite.wordpress.com/

準備
フライトコントローラーをPCと繋いでバッテリーを接続しドローンへ給電する。
USBだけではダメ
プロペラは必ず外すこと

Select ATMEL/SILABS Interfacesの中からSILABS BLHeliSuite Bootloader(Cleanflight)を選択する。

460

Connectを押し次にCHECKを押すとESCと接続される。

461

OKを押し、交換したESCは2番なので2をアクティブにして他を非表示にします。

463

事前にキャプチャーした古いESCの設定と同じ値に設定します。
(ESCの取説の表を参照)

一応、モーターのキャリブレーションします。

485

警告文の下にあるスイッチをONにしてMASTERをMAXにしバッテリーを接続すると
メロディーが流れる。終わったらMASTERをMINIにする。またメロディーが流れる。
これだけでキャリブレーション終了

早速、動作確認します。

Img_0856

おぉ!元気に回ってますw


    

2017年2月18日 (土)

アロン補強

カーボンの切断面をコーティングすると剥離防止になるそうです。

Img_0819

切断面にアロンアルフアを塗布するだけです。

Img_0817

低粘度の瞬間接着剤がおすすめ!
ゼリー状や普通のタイプは伸びないのでムラになる。

指に瞬間接着剤が!
そんな時はアセトンで簡単に落ちます。皮膚が弱い人はNG

Img_0818

アセトンは除光液の主成分です。
テーブル等に付着した場合にも使えるけど塗装や表面コーティングも一緒に剥がれますw

             

2017年2月14日 (火)

アンテナとVTXを取り外し

XT60の移設をする前にアンテナとVTXを取り外します。

Img_0825

5.8GHzのVTX(映像送信機)はアマチュア無線の免許がないと電波を飛ばせません。

変な誤解をされるよりは・・・。外してしまえ的なw

Img_0829

まだ飛んでないのにw

ARRIS専用のバッテリーが売ってたけど4800円。。。orz

Img_0830

XT60を移設しないで載せられるバッテリーサイズ(長さ)は85㎜以下です。
(ZIPPYの4S 1500mAh C25は107㎜x20㎜x34㎜)

取りあえず、これで飛ばしてみよう!

2017年2月12日 (日)

LIPOバッテリー

やっと中国からLIPOバッテリー届いたよ

Img_0820

あっ!先に税関で開封の儀をされて封印テープが貼られているw
やっぱり危険物扱いだから遅いのか?

ZIPPYの4S 1500mAh C25

Img_0821

3Sと4Sで迷って、4S の方がパワフルって事で4Sを選択しました。
容量はARRISの説明には「4S 1500mAh」と書いてあったので1500をチョイス

バッテリーを搭載してみた。。。あれ?

Img_0822

プロペラとバッテリーが接触しそう。。。

Img_0823

少しでもバッテリーが横に動くと当たるよorz

このXT60のコネクタが邪魔

Img_0824

移設するしかないね


                                    

2017年2月 8日 (水)

ドローンの部品

ドローンと一緒にプロペラも一緒に購入したので紹介します。

Img_0805

付属品のプロペラは二枚4050です
三枚羽根のプロペラはT4045 V2です。
プロペラの数値:40は羽の大きさ(4インチ)後の45はピッチ(角度)
羽根の枚数が多い方が安定するそうです。

装着!それっぽい!

Img_0807

モーターのナットが赤=CW(時計回り)黒=CCW(反時計回り)モーターの回転でネジが緩まない様にがモーターの回転方向と反対にネジが切ってある。それにしても派手だねw

充電器はG6AC PLATINUMにしました。

Img_0808

日本語表示が可能なのでこれにしました。

液晶部分には( ^ω^)・・・

Img_0810

YouTubeでLIPOバッテリーの発火実験の動画があるけど、かなり無茶な使い方しなければ大丈夫そう

でも念のためLIPO BAGも購入w

Img_0815

無いよりマシw
新品なのに汚れてる。

2017年2月 1日 (水)

iPhone6 plusバッテリー交換

**重要**
**バッテリー交換する前に**
iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラムで適応対象か確認して下さい。
https://www.apple.com/jp/support/iphone6plus-isightcamera/

iPhone7は、いまいち魅力ないし今使っているiPhone6 plusは容量128GBあるしNASもあるからデータ容量を気にしなくていいので、取りあえずバッテリー交換をして当分の間は使います。

Img_0833

バッテリーと工具はAmazonで購入しました。

分解用の道具

Img_0832

工具は、かなり安い価格で買えます。(不具合等はなかった)

現状把握

Img_0834

2年使って残容量82%なら上出来だと思います。
交換手順はyou tubeで検索しました。

交換後の状態

Img_0835

電源入れたら液晶に縦線とタッチパネル右半分が反応しない状態に。。。orz
もう一度分解して組み直しても同じ状態で、バッテリーを純正品に戻したり繰り返すこと3~4回。。。最後に綿棒に少量のアセトンを含ませて端子を掃除したら一発で完治!もしかしてコネクタ接続部に埃?ゴミ?が挟まってたのかな?

あと、何故か容量が3100mAhにw
大丈夫なのか。。。
現状では発熱もないし約1ヵ月経過したら状態を追記します。(2月末頃)

-追記-20170227
バッテリー交換経過報告

Img_0963

バッテリー交換後、約一週間で容量が一気に96%まで下がりました。
今のところ96%で安定しています。異常発熱なし。iPhoneも特に変化なし。
安いバッテリーだから多少の能力低下は仕方ないのかもしれない。


         

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »