« ESCの設定(BLHeliSuite) | トップページ | X210 PRO ベースフレーム交換(6K→3K) »

2017年6月25日 (日)

フライトコントローラーの設定(Betaflight)

Betaflightを使いフライトコントローラーの設定を行います。

625

Betaflightを使うにはGoogleChromeが必要です。

先に最新のファームウェアへアップデートします。

627

自分は全部消去して更新しています。
過去にCleanflightで何回か書き込みに失敗したので。。。

アップデートが完了したら右上のコネクトを押して接続します。

Setupのキャリブレートアクセラメーターを押し水平を出します。

628

注意書きがあるけど、キャリブレート中は動かさないこと。

次にPortsを選択します。

630

USB VCPのMSPは触らないこと。
今回はS.BUS接続にするのでUART1のSerial RXをONにします。
Blackboxやテレメトリーを使う場合もポートの設定が必要です。
設定完了したら右下のSave and Rebootを押し保存します。

Configurationの設定

631

1.ドローンの形状QuadXを選択
2.ESCのプロトコルはマルチショットを選択
3.Minimum Throttleの数値はモーターの最低回転数を入力
 (全てのモーターがスムーズに回る最低数値)
4.フライトコントローラーの角度は-90°

632

5.レシーバーはS.BUSを選択
6.ジャイロとPIDループは各8kHzを選択
VBATからの電源供給をしていないので、電圧・カレントはOFFにしました。

633

7.LEDのみON
設定完了したら右下のSave and Rebootを押し保存します。

PID Tuningの設定

634

デフォルト設定でも、まぁ普通に飛びます。
PIDのセッティング値を模索中

635

Super RateはR0.78P0.78Y0.75にしています。
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

Receiverの設定

636

ここで数値を見ながらプロポのエンドポイントやサブトリムを設定します。
デッドポイント(あそび)を入力するとホバリングが少し楽になる。
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。Modesの設定

637

各機能をプロポのAUXスイッチへ割り当てを行う
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

Motorsの設定

640

個別にモーターを動かしたりキャリブレーションをすることができる。
ESCの詳細設定は不可

LED Stripの設定

641

自分の機体のLEDを変更することができる。
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

以上で設定完了です。簡単に設定し飛ばすことができます。
一応、マニュアルもあるし(英語だけど)

実はF4フライトコントローラーをUSBに繋げる方が大変ですw

« ESCの設定(BLHeliSuite) | トップページ | X210 PRO ベースフレーム交換(6K→3K) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ESCの設定(BLHeliSuite) | トップページ | X210 PRO ベースフレーム交換(6K→3K) »