« Realacc X210 Phoenix 其の四 | トップページ | フライトコントローラーの設定(Betaflight) »

2017年6月 1日 (木)

ESCの設定(BLHeliSuite)

完成したX210のフライトコントローラーとESCの設定を行います。
今回はバッテリーを繋いで実際にモーターを回転させたりするのでプロペラを外します。

Img_1337

必ずプロペラを外して作業をして下さい。
自分は不注意で4針縫いましたw
ケガをしてからドローンは空飛ぶ芝刈り機だと思って扱っています。

FCはUSB(Micro-B)接続です。

Img_1338

XT60も繋ぎます。

接続が完了したらBLHeliSuiteを起動し

604

Select ATMEL/SILABS Interface中の
SILABS BLHeli Bootloader(Cleanflight)を選択します。

Portを選択しConnectを押します。

600

バッテリーからの電源供給がないと繋がりません

Checkが表示されるので押します。

603

各ESCの概要が表示されます。

597

あぁ~ESC#4だけ違う。

中央下の1234の番号が各ESCと連動している。

605

個別に設定するには#2#3#4を非表示にして#1のみ表示させる

606

上の状態でシングルでESCの設定ができる。(#2#3#4とは別の値になる。)
#2を設定したい場合は#1を非表示にして#2を選択する。
(個別設定の場合ESCの数だけ作業を繰り返す)

各ESCの設定をします。

598

自分が主に変更するのは・Beep Strength・Motor Timingくらいです。
Beep Strength=電源投入した際に流れるメロディーの音量を調整します。
Motor Timing=高回転でモーターが回ると磁場が歪むので補正を入れます。
                     効果は不明w
Motor Direction=回転方向の変更(今回はクロス配線なので全てNormal)

書き込みはWrite Setupを押すと書き込みが始まります。
あと、Flash BLHeliを押してRevの確認をして下さい。

599

古い場合は最新のRevを書き込んでください。

ESCのキャリブレーションをします。

6112

1.Motorsのタブを選択します。
2.プロペラを外したら下のチェックマークを付けます。
3.Calibeate ESCsを押し指示に従いキャリブレーションをします。

超簡単です。

以上でESCの設定は終了です。

« Realacc X210 Phoenix 其の四 | トップページ | フライトコントローラーの設定(Betaflight) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Realacc X210 Phoenix 其の四 | トップページ | フライトコントローラーの設定(Betaflight) »