無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RevolverMaps Mini

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月25日 (日)

フライトコントローラーの設定(Betaflight)

Betaflightを使いフライトコントローラーの設定を行います。

625

Betaflightを使うにはGoogleChromeが必要です。

先に最新のファームウェアへアップデートします。

627

自分は全部消去して更新しています。
過去にCleanflightで何回か書き込みに失敗したので。。。

アップデートが完了したら右上のコネクトを押して接続します。

Setupのキャリブレートアクセラメーターを押し水平を出します。

628

注意書きがあるけど、キャリブレート中は動かさないこと。

次にPortsを選択します。

630

USB VCPのMSPは触らないこと。
今回はS.BUS接続にするのでUART1のSerial RXをONにします。
Blackboxやテレメトリーを使う場合もポートの設定が必要です。
設定完了したら右下のSave and Rebootを押し保存します。

Configurationの設定

631

1.ドローンの形状QuadXを選択
2.ESCのプロトコルはマルチショットを選択
3.Minimum Throttleの数値はモーターの最低回転数を入力
 (全てのモーターがスムーズに回る最低数値)
4.フライトコントローラーの角度は-90°(フライトコントローラーの矢印の向きによって数値が変わります。)

632

5.レシーバーはS.BUSを選択
6.ジャイロとPIDループは各8kHzを選択
VBATからの電源供給をしていないので、電圧・カレントはOFFにしました。

633

7.LEDのみON
設定完了したら右下のSave and Rebootを押し保存します。

PID Tuningの設定

634

デフォルト設定でも、まぁ普通に飛びます。
PIDのセッティング値を模索中

635

Super RateはR0.78P0.78Y0.75にしています。
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

Receiverの設定

636

ここで数値を見ながらプロポのエンドポイントやサブトリムを設定します。
デッドポイント(あそび)を入力するとホバリングが少し楽になる。
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

Modesの設定

637

各機能をプロポのAUXスイッチへ割り当てを行う
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

Motorsの設定

640

個別にモーターを動かしたりキャリブレーションをすることができる。
ESCの詳細設定は不可

LED Stripの設定

641

自分の機体のLEDを変更することができる。
設定完了したら右下のSaveを押し保存します。

以上で設定完了です。簡単に設定し飛ばすことができます。
一応、マニュアルもあるし(英語だけど)

実はF4フライトコントローラーをUSBに繋げる方が大変ですw

2017年6月 1日 (木)

ESCの設定(BLHeliSuite)

完成したX210のフライトコントローラーとESCの設定を行います。
今回はバッテリーを繋いで実際にモーターを回転させたりするのでプロペラを外します。

Img_1337

必ずプロペラを外して作業をして下さい。
自分は不注意で4針縫いましたw
ケガをしてからドローンは空飛ぶ芝刈り機だと思って扱っています。

FCはUSB(Micro-B)接続です。

Img_1338

XT60も繋ぎます。

接続が完了したらBLHeliSuiteを起動し

604

Select ATMEL/SILABS Interface中の
SILABS BLHeli Bootloader(Cleanflight)を選択します。

Portを選択しConnectを押します。

600

バッテリーからの電源供給がないと繋がりません

Checkが表示されるので押します。

603

各ESCの概要が表示されます。

597

あぁ~ESC#4だけ違う。

中央下の1234の番号が各ESCと連動している。

605

個別に設定するには#2#3#4を非表示にして#1のみ表示させる

606

上の状態でシングルでESCの設定ができる。(#2#3#4とは別の値になる。)
#2を設定したい場合は#1を非表示にして#2を選択する。
(個別設定の場合ESCの数だけ作業を繰り返す)

各ESCの設定をします。

598

自分が主に変更するのは・Beep Strength・Motor Timingくらいです。
Beep Strength=電源投入した際に流れるメロディーの音量を調整します。
Motor Timing=高回転でモーターが回ると磁場が歪むので補正を入れます。
                     効果は不明w
Motor Direction=回転方向の変更(今回はクロス配線なので全てNormal)

書き込みはWrite Setupを押すと書き込みが始まります。
あと、Flash BLHeliを押してRevの確認をして下さい。

599

古い場合は最新のRevを書き込んでください。

ESCのキャリブレーションをします。

6112

1.Motorsのタブを選択します。
2.プロペラを外したら下のチェックマークを付けます。
3.Calibeate ESCsを押し指示に従いキャリブレーションをします。

超簡単です。

以上でESCの設定は終了です。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »