« 鞭を編む(6foot) | トップページ | バラバラに・・・。 »

2018年1月21日 (日)

RadioLink AT9 Firmware upgraded手順

注)現状、問題なくドローンが飛行するならファームウェアは常に最新でなくても全然、大丈夫です。アップデートを考えている方はRadioLinkのサイトでファームウェア更新・修正内容を読み自己判断・自己責任で作業して下さい。

早速、RadioLink AT9のファームウェアをアップデートします。

RadioLink からAT9の最新dfuファイルをダウンロードします。
リンク先http://www.radiolink.com.cn/doce/at9upgrade.html

2018/01/21時点で、AT9の最新ファームウェアはV1.7.5なので、このファイルをダウンロードします。ダウンロードしたAT9(AT9S)_RadioLink_DFU_V1_7_5(AT12S)_c0f0.dfuをV1_7_5.dfuへ名称を変更します。

Radiolink

次に最新ファームウェアをプロポへインストールする為のソフトFirmware upgraded for PCを同ページからダウンロードします。

プロポの底にある小さな蓋を外します。

Img_1681

USBがあるのでPCとプロポを接続した後にプロポの電源を入れます。この時点でWindowsではプロポを認識してないので、Zadigを使います。
リンク先http://zadig.akeo.ie/

OptionsのList All Devicesにチェックを入れるとUSBで接続された機器の一覧が選択できます。
Zadigat9

RadioLink AT9を選択しibusb-win32(V1.2.6.0)でReinstall Driverを押す。
これで下ごしらえが完了です。

先ほどダウンロードしたFirmware upgraded for PCを解凍します。

758
USB-util.exeを起動する。

接続に成功するとDevice Connectedが表示される。

759

表示されない場合はプロポの電源を入れ直し確認してください。

Chooseを押し、リネームしたV1_7_5.dfuを選択します。

756

Downloadを押し書き換えます。

書き換え作業中はプロポからUSBを抜いたり電源を切ったりしないこと。

761

書き換え作業が完了するとDownload OK!と表示される。

762

OKを押しプロポの電源を切りUSBを抜きます。

プロポの電源を入れてバージョンを確認して作業は完了です。

Img_1677

プロポで設定したデータは一応、残っています。更新後は必ずテスト飛行を行い動作確認して下さい。

« 鞭を編む(6foot) | トップページ | バラバラに・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鞭を編む(6foot) | トップページ | バラバラに・・・。 »