« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月24日 (土)

MOSQUITO Y400 FC購入

MOSQUITO Y400で使用するために用意したFCはPixhawk2.4.8です。

Img_1651

自分は、この種のFCを使ったことが無いので非常に心配です。
なんか難しそうで・・・。

内容物

Img_1665

FC本体・スイッチ・ブザー・マイクロSD(1GB)・配線各種

よーく見ると!

Img_1666

コネクターも入らないくらいズレてる。

カバーを外します。

Img_1667

このままでも使えそうだけど風が気圧計に直接あたると数値が乱れるので蓋は必要です。

デザインカッターで不要部分を切り取ります。

Img_1668

なんとかコネクターが入る様になりました。

防振台も購入

Img_1663

不要な気もするけど。。。

GPSとコンパスセンサー

Img_1711

Pixhawk用を購入

おや?GPSとI2Cのコネクターのピッチが合わない!Pixhawk用で購入したのに・・・。

Img_1712

余っている配線からハウジングを外して入れ替えました。
端子はJST SHだったので、そのまま使えました。

GPSホルダー(折りたたみ式)

Img_1714

GPSと一緒に搭載されたコンパスが磁気に干渉しない様に設置できます。

電源ケーブル(別売り)

Img_1669

FC用の電源を確保できます。(この配線は4S以下でしか使えません)

試しにFCを置いてみた。

Img_1672

やはり設置スペースが少なくギリです。
Pixhawkの設定にはMission Planner(APM)を使用するそうで、今まで使っていたBetaflight・CleanflightやINAVは使えません。


万が一Pixhawkの使い勝手が悪い(自分にとって使いにくい)場合はSP RACING F4(気圧計付きコンパス無し)が余っているので最悪の場合はFCを交換します。

Img_1791

そうなるとY6B型には対応していないので、Y6A型への変更を余儀なくされることに。。。

2018年2月17日 (土)

特攻の島9巻

特攻の島9巻が・・・。来たーーーーっ!
三年間ずーっと待ってた!
正直、尻切れトンボのままで、終わるんじゃないかと思ってたけど(-_-;)

期間限定ですが、無料お試し版が1~8巻まであるので試しに読んでみては?

                   

2018年2月13日 (火)

MOSQUITO Y400 フレーム編

「2017年度はドローンで散財したから2018年度は自重する」とか書いておいて、数日後には新しいドローンのフレームを購入してしまった。(お前の覚悟はその程度かッ!)
言い訳をするとセールで安かった。。。$106.26のフレームが$69.33とか絶対に買いでしょ!

Img_1583

注文したのはMOSQUITO Y400です。またY型か!以前購入したQuanum Trifectaの組立も操作も面白かったし普通のQuadcopterより謎の魅力があります。

早速、開封!

Img_1584

マニュアルは英語と中国語のミックスでした。ガンプラの説明書と同等の丁寧な解説でした。

不足品の確認は必須です。

Img_1585

部品ごとに個別梱包されていて確認が楽です。

ラベルには名称と個数が記載されています。

Img_1586

部品の確認完了!不足とか無かったです。(安堵)
不良品や不足がある場合は英語で連絡しなければならないので。。。

部品の加工精度も意外と良い感じなので組立がサクサク進みます。

Img_1587

一部のネジ穴にはヤスリ掛けが必要でしたが上出来です。

ヤスリ掛けが必要だった場所は、上部の取り付け穴です。

Img_1592

部品はハマるけど、ネジが入らない。。。。

ネジの締め込みも大変でした。

Img_1593

数か所がナットよりも切り欠きの幅が大きすぎて共回り。

後方のランディング用のアーム

Img_1588

これも取り付けが面倒な場所です。

なんとかフレームの仮組が完了!
後で電子部品を搭載するので、まだ仮組の状態です。

Img_1591

流石にY400(400㎜)のフレームは大きい!そして、10インチのプロペラを搭載するとフレームの先端から更に120㎜ほどプロペラが出ます。この機体にはジンバルを搭載する予定ですが、アームの高さが思っていたより低いのと取り付けスペースが意外と少ないので取り付けが心配です。

Y型フレームには4つの形態があります。それぞれの特徴は以下

Y3型・・・・・モーター3個・サーボモーター1個(テールにサーボモーター)
Y3型は以前作ったQuanum Trifectaの構成で、テールにサーボモーターを使用しヨーのコントロールをします。

Y4型・・・・・モーター4個(テールのみ二重反転)
Y4型はY3型のサーボの代わりにテールのみモーターを二重反転しヨーのコントロールをします。しかし、安定性に欠けるという報告が上がっている。

Y6A型・・・・モーター6個(全二重反転、テールのみ逆回転)
Y6A型は全て二重反転だが、テールのみ逆回転なので場合によっては部品種類が増えてしまう。何故か制御番号が複雑な並びになっている。

Y6B型・・・・モーター6個(全二重反転)   採用!
Y6B型は全て二重反転でY6A型の部品種類を抑えかつ制御番号を単純化している。

Y6ab

ってことで、Y6B型で新しいドローンを作りたいと思います。
ところで二重反転の構造だと効率は上がるのか?下がるのか?変わらない?

上のプロペラが下へ風を送り、上から流れてきた風を更に下のプロペラが風を下へ吹き付けるってことは。。。?

2018年2月 7日 (水)

鞭の先端

Whip Crackingで、どうしても消耗するのが鞭の先端です。この先端のパーツをクラッカーと言います。今は様々な太さや長さに変えて良い音が出るか研究中です。

Img_1753

写真の一番下は少し練習しただけでボロボロです。
消耗原因は①先端が音速を超えることで千切れる②物理接触による破損。クラッカーの材料はパラコードの中身(鞭を編む段階で出る廃棄物)なので0円です。でも、Crackingが下手なので消耗がめっちゃ激しいです。

2018年2月 4日 (日)

再び鞭を編む(6foot)

パラコードが格安で入手できたので、また鞭を編んでみました。
セール中で価格は100foot/374円でした。(もっと買っとけばよかった)

Img_1725

中華パラコードなので品質は価格なりです。
まあ、鞭や編み物に使用するには問題無いと思います。

前回の失敗はビニールテープを使用したことです。冬だと硬化して鞭の撓りがなくなってしまいます。(ヒーターで温めたらOK)色々と動画を探したら寒い地方では「ホッケーテープ」なるものを使ってグルグル巻きにしていました。

「ホッケーテープ」とはアイスホッケーのスティックに巻く布テープです。

Img_1723

布テープなので収縮性は皆無。でも柔らかく丈夫です。
日本国内で入手する場合はAmazonで入手可能。

                

コアと一層目を編んでからホッケーテープを使いグルグル巻きにしてみた。

Img_1722

ビニールテープはカクカクした感じで曲がり、ホッケーテープは柔らかく曲がる。

二層目を編みます。

Img_1726

今回注文した中華パラコードは、ツルツル滑るので握力と腕力を凄い使う。

拡大

Img_1727

ロールしてないのに綺麗!素材が薄くて馴染みやすいのか?
しかし、綺麗に編んでも二層目なので隠れてしまう。

本体が完成

Img_1728

試しに鳴らしてみたら、スパーン!と強烈な炸裂音が鳴りました。ただ、キーパー周辺だけはビニールテープで内部補強した方が良い。柔らかくて振るのが難しい。

後日、ハンドルエンド(結び目)をカットしました。

Img_1735

解けない様にホッケーテープとビニールテープで強く巻きました。

キーパーとハンドルエンドに装飾

Img_1754

切り口が汚いので隠しました。

キーパーは、もう少し長く編みたい。

Img_1736

次は、ハンドルエンドはもっと握りやすい様に太くするのと8foot(約2.4m)4層16Pの編み込みに挑戦します。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »