« 再び鞭を編む(6foot) | トップページ | MOSQUITO Y400 フレーム編 »

2018年2月 7日 (水)

鞭の先端

Whip Crackingで、どうしても消耗するのが鞭の先端です。この先端のパーツをクラッカーと言います。今は様々な太さや長さに変えて良い音が出るか研究中です。

Img_1753

写真の一番下は少し練習しただけでボロボロです。
消耗原因は①先端が音速を超えることで千切れる②物理接触による破損。クラッカーの材料はパラコードの中身(鞭を編む段階で出る廃棄物)なので0円です。でも、Crackingが下手なので消耗がめっちゃ激しいです。

« 再び鞭を編む(6foot) | トップページ | MOSQUITO Y400 フレーム編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び鞭を編む(6foot) | トップページ | MOSQUITO Y400 フレーム編 »