« アンテナ交換 | トップページ | 3Dプリンター組立 »

2018年6月12日 (火)

3Dプリンター購入

3Dプリンターを購入しました。
ANYCUBICのKossel Plusデルタ型の自作キットです。
(ヒートベット・オートレベル付き)

Img_1952

自作と言ってもほぼ完成品です。
検品しつつ最終組立工程をする感じでしょうか。

取説は英語ですが写真があるので、それほど問題なかった。
それでも英語が苦手な方はメーカーに日本語の説明書もあります。
(自分は完成後に日本語取説の存在を知ったorz)

http://www.anycubic3d.com/index.html

Img_1953

組立編でも説明しますが、写真右側に記載されているM2.5X12のネジは六角穴です。六角穴がインチ仕様なのか精度が悪いのか分からないけど数本ナメました。取り付ける際は事前にタップでネジを切っておくのが無難です。

付属品

Img_1954

スクレーパー・尺金・使い捨てゴム手袋・電源コード
電源コードはUSプラグなので、日本国内でそのまま使えます。ゴム手袋はガイドレールにグリスが塗布されているので持つ際に使用?使わなかったけどw

部品と付属工具

Img_1955

部品は駆動ベルト・ネジ類とリミットスイッチ(配線付き)・オートレベルセンサー
付属工具はニッパー・六角レンチ3種・ピンセット・-ドライバ(小)

天井となる部品です。

Img_1956

ネジで固定されていてベルトローラーも取り付けてあります。

何かキラキラしたものが!

Img_1957

アルミの切粉がそのままですwこれくらい無問題!
保護シールを剥がす際は掃除機で吸いながら剥がして、フレームの奥に張り付いた切粉はティッシュペーパーで拭き取りました。

ヒートベットとプラットフォームシール

Img_1958

ヒートベットはヒーターと断熱材が取り付けてあるけど断熱材はテープ?で留めてあるだけです。プラットフォームシールはPLAで200℃初期レイヤー速度20㎜/sヒートベットOFFでも剥がれ難いです。むしろ毎回剥がす作業が大変w

底部となる部品

Img_1959

モーターとマザーボードが取り付けてあります。

エクストルーダー

Img_1960

配線を差し込みフレームに取り付けるだけです。

プリンターヘッド

Img_1961

ロッド・ヒーター・ファン全て取り付けてある。

正直、海外の通販サイトで購入した方が安いです。($185程度)
しかし、トラブルが発生する場合が多々ある様なのでAmazonで購入した方がいいと思います。実際、自分もKossel Plusを購入する前に、とある他のメーカーの完成済み3Dプリンターを購入しましたが本体が破損してました。。。2週間経過しても交換してもらえず結局マーケットプレイス保証で全額返金してもらいました。
返金手続き完了2日後に何故か交換商品が届いた。。。今更?
Amazonからは「万が一荷物が届いても受け取り拒否してください」と言われていたので拒否しました。

次回は組立編

                      

« アンテナ交換 | トップページ | 3Dプリンター組立 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンテナ交換 | トップページ | 3Dプリンター組立 »