« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月28日 (日)

RX155 Raiju & X210 Phoenixドローンを飛ばしてみた。

RX155 Raiju & X210 Phoenixドローンを飛ばしてみた。



久しぶりの河川敷はすっかり秋模様

***荷物追跡の件***

10月28日現在、未だに荷物は届いてないw

一連の流れ

09月20日 注文
10月03日 一緒に注文した別口が到着
10月15日 カスタマーサービスへ連絡 ※10月15日が納品予定日
10月16日 カスタマーサービスから返信「一週間待て」
10月24日 シンガポールから発送
10月27日 羽田空港に到着
同日     税関手続完了
同日     国際交換局から発送
10月29日  最寄り郵便局到着
同日     受け取り完了

-追記-
10月29日に無事、受け取り完了しました。(/・ω・)/荷物キター!

通常なら無料配達でも7日~10日程度で配達されますが、今回は約一ヶ月かかりましたw海外通販での配達遅延は珍しいことではないです。カスタマーサービスとの連絡は基本的に英語ですがグーグル先生に翻訳してもらえば、なんとかなりますw
色んな意味で海外通販は面白いです。

2018年10月24日 (水)

ドライボックス

カメラやレンズを湿気から守るドライボックスを購入しました。

Img_2188

同じメーカのひと回り小さいドライボックスを持っていましたが3Dプリンタのフィラメントも一緒に入れて管理することにしたので大きいサイズを購入しました。

付属品

Img_2192

説明書・湿度計・乾燥剤・湿度計固定用スペーサーが付属していました。

容量は27Lなのでカメラ本体・レンズ・3Dプリンタのフィラメント2個入れてみた。

Img_2194

実際に入れてみたら意外と広くて収納できます。
このドライボックス(27L)は高さが230㎜程度あるので用途によっては2段に出来るように台を設計して設置したほうがいいかもしれません。
価格は2,000円程度で購入できます。


                       

2018年10月21日 (日)

3Dプリンタでローレット出力

3Dプリンタでローレット出力をしてみました。
ローレット加工とは、滑り止めを目的に施されているギザギザ加工のことです。

Img_2158

今回はアヤ目加工(出力)です。
積層ピッチは0.2㎜でしたが意外と綺麗に出力できました。

上面はアイロン加工しています。

Img_2159

最終工程で上面を均す加工です。

このダイヤルを交換します。

Img_2160

Img_2162

使用頻度は低いけどノズルのクリアランスを調整する際に回すのが楽になりました。

2018年10月19日 (金)

RotorX RX155 雷獣の紹介

RotorX RX155 Raijuの紹介です。


飛行シーンなしです。
色々と忙しくて字幕入力もしませんでした。

2018年10月 8日 (月)

3Dプリンタの調子が悪いと思ったら・・・。

ノズルが折れてた・・・。

Img_2083

恐らく亀裂(クラック)が元々あったのか?

一応、ノズルは予備を購入していたのですが。。。

Img_2085

ネジ穴の中で折れてるので簡単には取れません。
逆タップなどの専用工具でノズルを外すしかない。

結局、逆タップを買うよりもヘッドを購入し交換しました。
ヘッド(ヒーター熱電対セット)1,100円だったので


                   

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »