2018年3月16日 (金)

手作りキャラメル

簡単な手作りキャラメルを紹介

必要な道具
天秤
フライパン
ヘラ(熱と粘度に耐えられるもの)
バット
クッキングシート
濡れ布巾

必要な材料
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・120g
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5g
マーガリン・・・・・・・・・・・・50g
水・・・・・・・・・・・・・・・・200ml
生クリーム(47%)・・・・200ml
ハチミツ・・・・・・・・・・50~80g
バニラエッセンス・・・・・・適量

Img_1620

一般家庭にある普通の材料しか使わないΣ(・□・;)

砂糖

Img_1511

普通の上白糖です。

Img_1512

少し塩を入れるとキャラメルの甘さが引き立つ

マーガリン

Img_1515

帝国ホテルのマーガリンは普通にパンに塗って食べても美味しいのでオススメ
マーガリンを必ず使って下さい。

Img_1517

なんか写真が歪んでる。。。

フライパンに砂糖・塩・マーガリン・水を入れ加熱します。

Img_1519

軽くかき混ぜながら溶かします。

投入した材料が完全に溶けました。

Img_1520

この段階では焦げることもないので楽です。

次に生クリームを投入します。ここからは兎に角かき混ぜます。(焦がしたらアウトなので)

Img_1521

生クリームは3回程度に分けて少しづつ投入してください。あと、生クリームの脂肪分がパックの側面に固着している場合があるので掻き出して投入してください。

火力はキャラメルの様子を見ながら中~弱で調整してください。

Img_1522

沸騰させると写真みたいにフライパンの側面に付いてしまうので。

水分が蒸発して段々と気泡が大きくなります。

Img_1524

焦げない様に混ぜると。。。手が・・・。疲れた!

ヘラを前後動かし、すぐに埋まらなければハチミツの投入です。

Img_1525

全体的に馴染む様に混ぜてください。ここからの加熱時間でキャラメルの固さや色合いが決まります。ハチミツの分量が少なければ硬いキャラメルになるし多いと柔らかいキャラメルになります。季節によって分量を変化させないと固まらないことも。(経験者談)
加熱時間が長くなれば茶色い普通のキャラメル色になります。

最後にバットへ移す直前でバニラエッセンスを投入し撹拌ます。

Img_1526

バニラエッセンス入れないと乳臭いっす。

バットの上にクッキングシートを敷いてキャラメルを流し込みます。

Img_1683

バットの下には濡れ布巾を敷いてください。
キャラメルを冷却する効果があります。
あと自分のキッチン台は人工大理石なので熱に弱いからってのもある。

粗熱が取れたら熱いうちにキャラメルを切ります。

Img_1686

完全に冷めると切るのが大変です。「○○は熱いうちに打て!」みたいな感じ。

人にあげるなら小さく切ったクッキングシートで個々に飴を包む作業です。
自分で食べるならジップロックに入れて冷蔵庫へ
キャラメルは人の好みや季節や常温か冷蔵庫へ入れるのか等、様々条件で分量加熱時間を変化させないと自分が納得できる品質になりません。

でも、少しくらい失敗しても美味しいよw

2018年1月 7日 (日)

椎茸栽培2018

毎年恒例になりつつある椎茸栽培!

今年は間引いて大きくなりました。

Img_1610

一番大きいのが71.07gでした。

二番目

Img_1611

58.42gです。

大きく育てると大味になるかと思いましたが、小さい椎茸と変わりませんでした。
オーブントースターで焼いて醤油でいただきました。
料理用の食材としてはやはり大きすぎw
スーパーで売っているサイズが一番扱いやすい。

                     

2017年9月 6日 (水)

豚骨ラーメン

昼食は豚骨ラーメン

Img_1460

普通の豚骨が一番美味しい。
500YENで替え玉一つ無料は嬉しい

2017年5月11日 (木)

久しぶりのお菓子作り(レアチーズケーキ)

今回はレアチーズケーキを作ることにしました。
(作業は混ぜるだけなので超簡単w)

材料

Img_1228

レアチーズ 材料
クリームチーズ・・・・・200g
生クリーム35% ・・・・・200cc
ヨーグルト(無糖)・・・200g
上白糖・・・・・・・・・・・・60g
レモン汁・・・・・・・・・大さじ2
ゼラチン・・・・・・・・・・・8g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

ベース生地 材料
CHOICE・・・・・・・・・・・・・・・14枚
バター(有塩でもOK) ・・・・40g
牛乳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

クリームチーズを常温に戻します。

Img_1229

温度が低いと固くて混ざらないので。
1時間放置したけど、やっぱり固かった。

ゼラチンを水でふやかす。

Img_1231

レアチーズに投入する直前に電子レンジで加熱しドロドロにする。

クッキーを砕く!

Img_1233

この段階で、あまり細かく砕かない方が良いと思う。(好みですが)

大体こんな感じに砕く

Img_1235

後で混ぜる工程があるのでこの大きさがベスト

牛乳とバターを用意(有塩バターでOK)

Img_1237

有塩バターでOKなのは使用量が少ないから!
ちなみに、一番最初の材料の写真に牛乳とバターが写ってないのは買い忘れたからw

牛乳とバターを電子レンジで加熱(沸騰させない様に)

Img_1239

クッキーと過熱した牛乳とバターを混ぜる

型は21cmだったかな?

Img_1234

ベース生地を敷き詰めます。

Img_1240

あっ!ベース生地が足りなかったw
底だけなら十分な量でしたが縁も生地で囲うと足りないw

レアチーズの工程

Img_1241

生クリームをホイップ(電動ハンドミキサー欲しい!)

常温に戻したクリームチーズを混ぜる

Img_1242

結構、重労働ですよ!

ホイップした生クリーム・ヨーグルト・上白糖・レモン汁・加熱したゼラチンを投入

Img_1243

投入する順番は適当w

裏ごしすると口当たりが滑らかに

Img_1246

普通のザルでOK

ベース生地へ流し込む

Img_1247

できるだけ空気が入らない様にする。
最後に濡れ布巾の上に軽く落とし振動を与え空気抜きをする。

冷蔵庫で2~3時間冷やして完成

Img_1251

混ぜるだけで簡単に作れるのでお勧め!

2017年3月31日 (金)

干し椎茸

干し椎茸完成!

Img_1034

蕎麦を食べたいから出汁として使う予定

2017年3月26日 (日)

椎茸2017

今年も椎茸を栽培

Img_0994

採れたては美味!

今回は一回目で大量収穫だったので二回目は少ないかも

Img_0995

小さいものはバター醤油で食べて、比較的大きいものは干し椎茸にしました。

2016年12月 5日 (月)

包丁

包丁の刃を砥ぐためにダイヤモンドシャープナー(貝印の関孫六)を購入しました。

Img_0703

購入の理由はレビューが良かったのと使い勝手が良さそうで手軽に砥ぐことができる点です。

乾式なので水を使わないのは衛生的です。

Img_0705

大きいと思うけどこの大きさの方が左手でしっかり抑えられると思います。

三種の砥石で砥ぐのでかなり本格的です。

Img_0706

それぞれ材質や砥いでいる場所が違うので音も違います。

説明書に従い1番10回、2番10回、3番5回を引きで砥いでみました。
Img_0707

1セット砥いだだけで、かなり切れ味が良くなりました。
正直、あまり切れ味は変わらないと思っていましたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。

切れない包丁で調理すると無理に力を入れてケガをする確率が高くなるそうです。


                      

2016年10月30日 (日)

非常食(サンヨー堂 赤飯)

非常食としてサンヨー堂の缶めしを購入しました。
戦闘糧食I型ってやつですw戦闘糧食Ⅱ型はレトルトパウチ

Img_0689

種類は「赤飯・五目めし・牛めし・とりめし・チキンドライカレー」があります。

試しに赤飯を食べてみます。

Img_0684

湯煎で20分は長い。

Img_0685

実際の災害時はお湯を沸かすにも苦労しそうなので、もう少し短くなってほしい。

20分の湯煎が完了し缶切りで開けてみました。

Img_0686

小豆が結構入っています。と思ったら偏ってただけでした。

完食!もち米の粘りが強いので缶にベッタリ残ります。

Img_0687

肝心な味はとても美味しかったです。もち米を使っているので腹持ちが良いです。量も普通の大人なら2膳分くらいの量です。塩加減も丁度良く、ごま塩を用意してたけど不要でした。

缶の内側のコーティングが剝がれてる?

Img_0688

金属のスプーンで缶のコーティングが簡単に剥がれてしまいました。
かと言って割り箸だともち米の粘りで折れそうだし。。。
仕方ないので指で剥がしながら食べました。コーティング剤は食べたくないしw

20分湯煎できる状況であれば本当に美味しく温かい飯が食べれると思います。
缶めしの米はアルファ化されているので温めないと固くて味も落ちるそうです。

                    

2016年9月20日 (火)

ゴチになります

妹がランチご馳走してくれると言うので、遠慮なく同行しましたw

Img_0627

2980円だったかな?

前菜
Img_0626

煮こごりが美味しかった。

蟹?
Img_0628

生の蟹は初めて食べた。

松茸の土瓶蒸し
Img_0630

松茸?

天麩羅
Img_0631

妹の一言「正直、微妙w」

釜飯
Img_0632

シイタケ最高!

デザート
Img_0634

茶色い粉は栗をすりおろしたもの

ご馳走様でした。

2016年9月10日 (土)

叙々苑ランチ

相模原の叙々苑で昼会席を食べました。
平日のランチで焼肉とかw

前菜です。

Img_2417

豆腐が美味しかったです。

焼き物(エビ・牛タンは少し食べちゃったw)

Img_2418

本来なら、この大皿に一人前が乗ってるんですが、テーブルが狭かったので一皿で2人前にしてもらいました。肉は柔らかくエビはプリプリで美味しかったです。

さて、支払です・・・。

Img_0622

4人で行って15600円。。。財布は痛いけど、みんな美味しかったと言ってたので大満足です。

より以前の記事一覧