2017年1月18日 (水)

Corsair Carbide 600C

PCのケースを買い替えました。

Img_0734

Corsair Carbide 600Cです。

外箱が潰れているとのことで3000円割引

Img_0736

潰れている箇所は上の写真の場所だけ、これだけで-3000円w箱を開けた形跡もなし

本体

Img_0738

このケースはマザーボードを倒立して設置するタイプなので扉が普通のケースとは反対側が開くタイプです。

飾り扉が付いているのでドライブの使い勝手は悪そうw

Img_0739

磁石で留まっているだけなので簡単に開閉可能。
加工精度も良いからピタッと閉まるw(面差もなし)

内部

Img_0741

2.5インチ(SSD)は3台搭載可能で3.5インチ(HDD)は2台と少なく感じるけど大容量のHDDとかNASを使っているからあまり関係ないです。5インチ(マルチドライブ)も2台です。

上部に電源を設置する仕様です。

Img_0744

かなり狭いです。

電源の隣には5インチベイのスペースがあります。

Img_0745

絶対に作業するには狭いと確信w

案の定

Img_0781

電源ケーブルが繋げられないw先にケーブルを接続してから電源を固定した方が簡単です。

フルタワーと謳ってる割に狭い

Img_0782

ミドルタワーって感じです。

ほぼ完成

Img_07842

倒立設置する事で水冷システムで水漏れが発生してもグラフィックボードやサウンドボード電源ユニット等が助かる率が上がります。

恐らく水漏れと言っても水圧が水道のように高くないので垂れる程度です。最も水漏れし易い場所はホース接続部だと思います。

この後、電源を入れてもエラー発生w
そう!上の写真を見るとグラボの補助電源が刺さってないw

まあ、倒立設置したからと言って水漏れから100%部品を守れる訳ではないです!日頃からのメンテナンスが重要です。(おまいうw)

                  

2016年12月19日 (月)

NAS((Network Attached Storage)

線LAN(WHR-1166DHP3)とNAS(LS210D0201C)を購入しました。

Img_0708

この無線LAN。。。後々買い替えることになるとは…。
この時点では思ってもいませんでした。

NAS本体

Img_0716

2TBを購入したけど4TBの方が良かったかもw
セットアップ自体は簡単でしたが、何故か転送速度が10MB/Sで頭打ちになりました。

色々調べてみたらWHR-1166DHP3(無線LAN)はスイッチングハブの規格が100BASEなので10MB/S頭打ちは仕方ないらしいです。。。

仕方ないじゃないよ!
別途ハブ単体を購入しようかと思ったんですが、面倒なので1000BASEのハブを搭載した無線LANを買います。

Img_0729

WSR-1166DHP2/Nにしました。
フラストレーションフリーパッケージなので外箱は普通の段ボールです。

中身

Img_0730

これを買っておけば・・・。(´;ω;`)

早速、設置しました。

Img_0732

転送速度は10MB/Sの壁を突破し約50MB/Sになりました。

あと11ac(5GHz)は電波が弱く別の部屋に移動すると圏外になることもあるので、余ったWHR-1166DHP3を中継器として使うことにしました。
結果は当然ですが良くなり家の何処へ行っても電波が悪くなることもなくなりました。
肝心なNASはデスクトップ、ノート、iPhone、ipad等の外部ストレージとして活躍しています。

先にも書いたけど、4TBにしとけばよかった。。。


         


-追記-
スリープタイマーの設定を考えた人は頭が良いのか悪いのか。。。

449

凡人には理解不能w
なぜ、こんな酷いクソ仕様にしたの?
もっと単純でいいよw

2016年10月19日 (水)

疲れ目

パソコン・スマートフォン・タブレット等で目を酷使しているので目薬を使用しています。

Img_0665

今回はロートV11にしました。
最近、かすみ目やピントが合わせに時間がかかる事があったので・・・。(老眼?)
使い始めて約1週間で、だいぶ症状が改善されてきました。

少々お高いけど、それなりに効果はありそうです。


                     

2016年3月 1日 (火)

SSD→SSDへ交換 (Crucial MX200 500GB)

Crucial M4 256GBを使っていたのですが、容量が足りなくなってきたのとSSDの価格も下落しているので、新しくCrucial MX200 500GBを購入しました。

Img_0487

最新のゲームをインストールすると1本あたり20~40GBとか普通に使うので、すぐに容量が足りなくなってしまう。今更HDDにインストールとかありえないし。。。

中身です。

Img_0488

相変わらず何もついてませんw
今回はAmazonで購入したんですが、メール便で届く始末w
一応電子部品なんだけどなぁ。
領収書も入ってなかったし。
正規品でこの扱い…。大丈夫なんだろうか?

取りあえずCドライブを複製します。

416

MX200にAcronis True Image 2015のプロダクトキーが付いてきます。

ディスククローン作成を選択します。

417

クローンモードは自動にします。

ソースを選択
418

次にターゲットを選択
419

あとは確認して

421

実行を押せばクローンの作成が始まります。
PCの再起動とかあった様な気がしますが、指示通りに行えば問題ないと思います。
クローンを作るのに成功したので性能比較してみます。

Ssd256m4_ssd500mx200
M4  MX200
ランダムアクセスと書き込み速度が上がっています。
正直、PCの起動時間や体感速度は変わらないですw

そこで、Crucial Storage Executiveを使ってみます。

427

一時キャッシュを有効化しました。

429

オーバープロビジョニングも有効にしてみました。

430

それぞれ比較してみました。

Ssd500mx200
※左キャッシュOFF/ビジョニングON
  中キャッシュON/ビジョニングOFF
  右キャッシュON ビジョニングON


一時キャッシュをONにすると爆速になりました。
なんだこの眉唾技術はwそもそもSATA3の実速度が600MB/Sで頭打ちなんだからw
使い方次第では一時キャッシュをONにした方がいい時もあると思うけどリスクもあるので、今回は見送ってオーバープロビジョニングだけ有効にしました。


               


-覚え書き-
PrefetchとSpuerfetchを一応、無効化したけど。。。意味あるんか?

Spuerfetch
コンピューターの管理→サービスとアプリケーション→サービス→Superfetchスタートアップを無効

Prefetch
レジストリ
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SessionManager\Memory Management\PrefetchParameters
「EnablePrefetcher」と「EnableSuperfetch」の「値のデータ」を「0」にする。(元の値は3)

2016年2月 7日 (日)

HDDを交換(WD.WD20EZRZ)

セクタエラー多発で交換となったHDDです。

Img_0461

おや?

Img_0466

グリーンからブルーになっちゃいました。。。
本来のブルー仕様が廃盤になって、グリーン仕様がブルーへ変更になった様です。
(中身はグリーンと一緒)

取りあえずUSB3.0に接続します。

Img_0467

今まで、クイックフォーマットをしていましたが、今回は通常フォーマットをしました。

Img_0468

クイックと通常では時間が大幅に違いますが、可能であれば通常フォーマットの方が良いそうです。クイックだと初期不良を見逃す恐れが。。。

406

完了するまで2TB=17時間掛かりましたw
何故、USB3.0でフォーマットしてしまったのか。。。
まあ、SATA3.0に繋いでも時間は掛かったと思うけど

ベンチです。

409

倉庫HDDなので速さを求めてないです。(耐久性が欲しい)

今まで買ったWDのHDDは初期不良、低速病、セクタエラー、と不良品に当たる回数が多い印象です。

偶々だと思うけどw

2015年10月 9日 (金)

ipad mini

今更ながらipad miniを購入しました。
mini 4発表後価格が下がったmini 3が欲しかったけど売り切れ(生産中止)でした。

Img_0414

主な使い道はコミックを読むことと、たまにネット検索程度なので性能としては、この程度で十分だと思っていましたが32GBではチョット容量が足りなかった。

2015年9月 1日 (火)

ケースファン交換(F12-PWM)

PCケース上部ファンから「キリリリリry」と高周波音がしているので交換しました。

Img_0386

熱を外部へ排出する部分なので怪しいファンは交換します。

風量よりも静圧が大事な部分なので、選んだのはowltechのF12-PWMです。

Img_0384

以前に色々とファン交換をしたことも。記事:ファン交換結局、純正ファンへ

中身です

Img_0385

本体と付属品はネジだけです。

早速交換して試運転です。

Img_0398

騒音もPWMなので回転数を少なくすると静かだしMAXまで回せば掃除機並みの騒音を奏でますw(普段使いでMAX回転させることはないです。)
純正とほぼ変わらない性能の数値なので問題ないと思いましたが、回転数が1100rpmより下がらない!
402

接続をマザーボードへ変更しても1100rpmより下がらない。ASUSのソフトで回転数を調べても同じ様な数値なので、ソフト的な問題でもなさそう。
微妙に五月蝿いw
850rpmに落とせるから買ったのにorz

                                                 

2015年8月12日 (水)

有線マウス

結局、原点回帰で有線のゲーミングマウスG502を購入しました。

Img_0353

無線のゲーミングマウスG700sよりも若干安いのも嬉しい。

内容物

Img_0356

マウス・ウエイト・取説・保障書です。
保証期間は購入から3年間なので結構長いです。

ウエイトを装着!(全部乗せ)

Img_0358

流石に全部乗せは重かったですw
後日、前と後ろの2つの錘を外し中央部分を重くました。

Gマークが光ります!

Img_0361

輝度の変更やフリージング(点滅)の設定もできます。

マウス本体の発熱がなくなったのが一番の収穫です。あと、無線ならではの電池切れの心配や充電・電池交換の手間から開放されたのも大きいです。

難癖を付けるとしたらホイールのゴリゴリ感でしょうか。一応デュアルスクロールホイールなのでゴリゴリ機能なしも選べます。まぁ、使っているうちに馴染むかな?



                                          

2015年5月26日 (火)

HDDを交換(WD.WD20EZRX)

日立のHDD(500GB)から異音がしていたので、壊れる前に交換しました。

Img_0249

2TBの容量なのでTV録画や他のデータの保存には十分事足りると思います。

ベンチ

400

いやー最近のHDDは早い!
倉庫用には十分な性能です。

日立のHDDは、購入してから10年ほど頑張ってくれたので満足しています。
お疲れ様ですw


2016/01/09
-追記-

代替保留中セクタ数が突如増加したので、チェックしてもらいました。
予防のため新品と交換となりました。

                                     

2014年10月25日 (土)

GTX570からGTX970へ

グラフィックボードの交換をしました。
発売から約1ヶ月、なかなか入手出来なかったMSI GTX970 GAMING 4Gです。

Img_2954

MSIのグラフィックボードを買うのは初めてです。
因みに、今まで買ったことがあるグラフィックボードのメーカーは、玄人志向、ZOTAC、XFX、ノーブランド、です。

早速、中身を確認します。
付属品

Img_2955

説明書・保証書・配線?・ドライバCDだけ。
ユーザーガイドは適当に押し込まれて曲がってるw(別にいいけど)

本体

Img_2956

負荷が掛からない場合は、ファンが停止するらしいです。

電源部分

Img_2957

8pinと6pinの2系統が必要です。

以前、使っていた570と大きさの比較

Img_2958

基板の大きさは、あまり変わらないのですが、ファンと熱交換器が大きいです。

取り付け完了

Img_2961

こんなところが光るよ!キラッ

ベンチマークで570と970の性能比較をします。

PCの仕様は下記参照
CPU                    intel i7 4770K @4.5Ghz
CPUクーラー        Corsair H100i
メモリ                  G.Skill DDR3-1600 8GB ×2 (16GB)
マザーボード        ASUS Z87-PRO
グラフィックボード 旧 ZOTAC GeForce GTX570
            新  MSI   GeForce GTX970
サウンドカード     Creative PCIe Sound Blaster Z
TVチューナー       IO-DATA GV-MVP/XS2W
SSD                    Crucial M4 256GB
HDD                    Hitachi HDP725050GLA360 500GB
                          Hitachi HDS723020BLA642 2TB
電源                   SilverStone SST-ST85F-P(850W)

570から

393

970を試します。

389

約1.86倍の性能差が出ました。これで消費電力も低くなっているそうです。
ベンチマーク中のファンの音が凄い静かです。970は本当に動いてるの?って感じです。

390

一応、アフターバーナーで調べるとベンチマーク中は1081rpmで回転していたみたいです。
手動でMAXの2270rpmまで回せば、それなりの音は出ます。

4GamerでのMSI GTX970 GAMING 4Gの特集です。
http://www.4gamer.net/games/274/G027467/20140918001/


古いグラフィックボードを持っている方には性能向上や消費電力の削減のメリットが大きいです。GTX780・GTX770では消費電力の削減以外は、メリットが少ないです。
同じ28nmプロセス技術だし、能力的にはあまり変わらないのなら20nmが出るまで、少し待った方が得策だと思います。

                    

より以前の記事一覧