2018年12月15日 (土)

初めてハンド ランチ グライダーを買ってみた。究明編

飛行時間30分程度で壊れましたw
原因不明のままだと気持ち悪いので、故障(バキバキ症候群)の原因を究明します。


反対側のサーボもホットボンドの接着が適当で、しっかりと固定されていませんでした。

2018年12月13日 (木)

ハンドランチグライダーを買ってみた。調整編

初めてハンドランチグライダーを飛ばしてみました。


調整が色々必要で飛ばしながらセッティングを出しています。

2018年12月11日 (火)

ハンドランチグライダーを買ってみた。制御編

HOBBY KINGのRaven 990 Mini DLG ハンドランチグライダーの制御編です。


グライダーの設定では飛ばせないことが判明!

一応、河川敷まで行ったけど・・・。

Snapshot_2

風が強くて調整は断念しました。
安全が最優先です。


2018年12月 8日 (土)

ハンドランチグライダーを買ってみた。組立編

HOBBY KINGのRaven 990 Mini DLGを買ってみました。

Img_2262

ドローンしか飛ばしたことがないのに。。。。いきなりグライダーに挑戦w


機体はPNP(Plug and Play)完成機なので簡単に作れました。

HOBBY KING
https://hobbyking.com/

Raven 990 Mini DLG
https://hobbyking.com/jp_jp/hobbyking-raven-990-mini-dlg-2017-glider-990mm-pnp.html

2018年12月 3日 (月)

フライトコントローラー撮影用の台

フライトコントローラーを撮影する際に、直置きだとカメラの影が入ることがあるので撮影用の台を3Dプリンタで出力しました。

Img_2232

□30..5㎜と□20㎜に対応しています。。

傾斜角度は25°

Img_2233

撮影してみました。

直置きの場合

Img_2237

凄い大袈裟な感じだけだけどw
実際に影や白飛びがあって撮りなおすことも・・・。

台に乗せた場合

Img_2238

一応、それなりに撮影出来ました。
あと、半田付け作業も可能です。しかし、通常ドローン組立はフレームにフライトコントローラーを搭載した状態で行うので、使う機会は撮影時のみになりそうですw

横に付いている突起は配線を挟むためのV型の溝です。Φ0.5㎜~Φ2㎜まで対応

Img_2235

これは結構実用的かもしれませんw

適当に設計したので「あっ!背面に設置すればよかった」と思った(小並感)

2018年11月13日 (火)

GPUグリス塗り直し

GTX970を購入してから4年程度経過しました。今もなお現役で頑張ってます。
これまで不具合等なく、とても優秀です。

Img_2214

最近はFPSゲームをやらなくなり主にシミュレーション系(Cities Skylines)のゲームが主体
です。

「流石に4年も経過するとグリスが乾いているのでは?」と思い塗りなおします。

分解はめっちゃ簡単!

Img_2215

ネジ4本外すだけ!

メモリの冷却は黒い金属プレートを利用し放熱しているみたいです。熱伝導シートを別途用意しなくていいから助かる。肝心なグリスの状態は半分乾いている様な状態でした。
(外周が乾燥して中心が少し湿ってる)

そんなに状態は悪くなかったけど開けてしまったのでグリスを塗布しました。当然、グリスを再塗布してGPUの温度を計測しても温度が下がらないw

でも、4年目でもグリスが生きているって凄い!部品の精度が良いからグリス劣化が遅いのかもしれません。
(以前使っていたZOTACのGTX570は2年でグリスが完全乾燥して砂漠化していました。)

RTX2070欲しいけど。。。お金が!


                     

2018年10月28日 (日)

RX155 Raiju & X210 Phoenixドローンを飛ばしてみた。

RX155 Raiju & X210 Phoenixドローンを飛ばしてみた。



久しぶりの河川敷はすっかり秋模様

***荷物追跡の件***

10月28日現在、未だに荷物は届いてないw

一連の流れ

09月20日 注文
10月03日 一緒に注文した別口が到着
10月15日 カスタマーサービスへ連絡 ※10月15日が納品予定日
10月16日 カスタマーサービスから返信「一週間待て」
10月24日 シンガポールから発送
10月27日 羽田空港に到着
同日     税関手続完了
同日     国際交換局から発送
10月29日  最寄り郵便局到着
同日     受け取り完了

-追記-
10月29日に無事、受け取り完了しました。(/・ω・)/荷物キター!

通常なら無料配達でも7日~10日程度で配達されますが、今回は約一ヶ月かかりましたw海外通販での配達遅延は珍しいことではないです。カスタマーサービスとの連絡は基本的に英語ですがグーグル先生に翻訳してもらえば、なんとかなりますw
色んな意味で海外通販は面白いです。

2018年10月24日 (水)

ドライボックス

カメラやレンズを湿気から守るドライボックスを購入しました。

Img_2188

同じメーカのひと回り小さいドライボックスを持っていましたが3Dプリンタのフィラメントも一緒に入れて管理することにしたので大きいサイズを購入しました。

付属品

Img_2192

説明書・湿度計・乾燥剤・湿度計固定用スペーサーが付属していました。

容量は27Lなのでカメラ本体・レンズ・3Dプリンタのフィラメント2個入れてみた。

Img_2194

実際に入れてみたら意外と広くて収納できます。
このドライボックス(27L)は高さが230㎜程度あるので用途によっては2段に出来るように台を設計して設置したほうがいいかもしれません。
価格は2,000円程度で購入できます。


                       

2018年10月21日 (日)

3Dプリンタでローレット出力

3Dプリンタでローレット出力をしてみました。
ローレット加工とは、滑り止めを目的に施されているギザギザ加工のことです。

Img_2158

今回はアヤ目加工(出力)です。
積層ピッチは0.2㎜でしたが意外と綺麗に出力できました。

上面はアイロン加工しています。

Img_2159

最終工程で上面を均す加工です。

このダイヤルを交換します。

Img_2160

Img_2162

使用頻度は低いけどノズルのクリアランスを調整する際に回すのが楽になりました。

2018年10月19日 (金)

RotorX RX155 雷獣の紹介

RotorX RX155 Raijuの紹介です。


飛行シーンなしです。
色々と忙しくて字幕入力もしませんでした。

より以前の記事一覧